effect

effect

COLUMN

駆けぬけたあの日 _ 福岡マラソン2017 // effect RUN TEAM 《完結編》

駆けぬけたあの日 _ 福岡マラソン2017 // effect RUN TEAM 《完結編》

UPDATE2017.12.10
TEXT BY

小森 改造

AM:6:45

雲がかった空模様。
車の通りも少なく、いつもと違った福岡の街「とうとうこの日が来たかー」と込み上げる想いを抱えながら会社に到着。スタッフ全員がこの時間に揃うなんてことは一年でこの日限りぐらいなもんで、なんだか新鮮。というか?ランナーもスタッフもどこか心が弾んでるように見える。1日の動きや分担された役割を確認し、総勢30名程のメンバーが一斉に動き出す。

AM:8:00

ランナー、各スタッフ、カメラマンそれぞれ配置に付く。
ふじかな、あいにゃ、のぼるさん、福島さん、本多くん、小森改造はDブロック。矢野由希子、中島歌那、松村来夢、池田さんはGブロックからのスタート。
福岡マラソンを走られた方はご存知だろうが、この時の渡辺通りはめっちゃ人で埋まる!
ものすごい数、鼓動、想い。ひしひしと感じる。不安や期待が入り混じった気迫感がランナーを駆り立てているのか??もーこの時間帯はとにかく「早く走りたい!」と思ってしかたない。どの大会でもそうだけど、カラダを動かしたくてウズウズする。アドレナリンMAX。

去年も思ったけど、いや、ほんとマジすげぇーな!
これからどんなストーリーが待っているんだろう。。

AM:8:20

合図とともにフルマラソンスタート!押さえ込んでいた気持ちと解き放たれた開放感となんともいえない緊張感が身体を巡る!そんなことを考えている合間にも、サブ3.5を狙う福島さんはあっという間に見えなくなってしまうほど。でも大丈夫!問題ない!はず。スタートしてからの5kmは人でごった返すからほぼ自分の思い通りには走れない!という”マラソンあるある”はすでに昨年で体験しているし、なんならここで飛ばすのはかなり怖い。「最初の5kmはウォーミングアップ」そう自分に言い聞かせて「早く前に行きたい!」を精一杯抑え込ませる。

はじめ僕が思い描いた、サブ4のためのスタート〜5kmのラップは26’00″。

だけど実際は27’15″!ちょっと遅いか?周りのランナーに惑わされてしまうことは昨年のレースで十二分に体験しているだが。とはいえ上々ではある、のぼるさんも言ってたけど、「いつもどおり走ればサブ4は絶対とれる!」って。

AM:8:50

スタートから30分経過。サブ3.5に挑戦組の福島さん、本多くんは6キロ地点、のぼるさんと僕は5キロ地点、effect RUN TEAMはふじかなを先頭に次々無事に4km地点を通過していきます。この時点からようやくペースをあげて、キロ4分ほどにしていきたいところ。

写真:応援Naviより

ペースがかなり早いため結構キツいと思うが、まだやる気に満ち溢れている。頼もしい。

福島さんと変わらないペースで走っているにもかかわらず、楽しんでやがるぜ。初マラソンだよね?ほんとに大会でたことないんだよね??

男は背中で語ると言わんばかりの走り。のぼるさんもしっかりレース計画立てているのでこれからペースをあげてくるはず。

ふじかなも着々と5kmを29’55″とキロ6分を切る早いペースで余裕の笑顔。

完走を目指すメンバーもしっかりと走ってきてる!

AM:9:15

10km地点通過。少し貯金もできてきているが、後半のことを考えるともう少しペースを上げたい。ただ、飛ばしすぎず遅くならず、予定していたイメージに近い10kmの走りじゃないか?まだサブ4圏内だ。
そんななか、サブ3.5組は11キロを通過し、effect RUN TEAMと完走組との間に結構な差が出てきている。あいにゃがまだ8キロ地点にいるのは、作戦かな?去年はあいにゃを僕がサポートランナーとして伴走していたこともあり、よく覚えているが、ここは結構飛ばして痛い思いした地点。たしかキロ4分ぐらい出てたんじゃなかったけ??

真剣な眼差しのあいにゃ。怪我でなければよいのだが。

AM:10:10

去年のぼるさんが20キロを通過した時間。しかし、現時点は21キロ地点を通過!うん、いい感じ!これはもしかしたら、サブ3.5圏内か?もしかしてのぼるさん目指してる?3.5いっちゃうのかい??まじかー、これはいけんじゃねーか??ここからペースをぐっとあげれる余裕はまだあるし、毎週一緒に走ってた感覚だと、ここから飛ばすか?

え?なんで詳しいのかって??えへへ、それはねー。のぼるさんの後ろにずっと付いて走っているからなのさ♪そーだね〜、5kmぐらいのところだったかなー?のぼるさんの姿が見えてねー。のぼるさんに付いていければサブ4はまず確定でしょ?しかも一緒に走る機会が一番多いから、安心感半端ないっしょ。ついていけるかわからなかったけど、これしかないって思っちゃったわけなんだよねー。

そうだねー。がっつり張り付いてるねー。なんか気持ち悪いぐらいやわ。

ほぼ時を同じくしてeffect RUN TEAMの先頭ふじかなが18km地点を通過中!二番手のあいにゃ以降矢野由希子、中島歌那、松村来夢もしっかり食らいついている!みんなすごい!

サブ3.5圏内の福島さんはこの時点でだいぶん苦しいはずなのに、真剣そのもの。

え?まだ爽やか?初だよね?ほんとに初マラソンだよね??

ふじかなもしっかりレース計画でここまで走っている様子。

矢野由希子もまだまだ余裕なのか、おそらくかなりきつさを感じ始めているのにこの笑顔。
15km通過の松村来夢。こちらも力強い走りで前に進んでいます。

AM10:40

27km地点にさしかかる途中、ふと気づくことがある。じつはここからが本当の福岡マラソンなんだと。糸島の広大な大地と輝かしい海の景色が続き、なんと2つの峠を越えなければいけない。その道中で断念するランナーはたくさんいるだろう。そんなやべー峠を思い出してはペースが少し落ちる。だけどのぼるさんにしがみつかないとサブ4は叶えられないだろうし、まだ全然走れる感覚がいつボロがくるかわからない。そんな距離まで走ってきているからこそ、慎重になるが、考えてもしかたない。今はペースを守りながら走るしかない。

自分の大きな目標としては、35km地点を3時間10分で通過すること。そうすればたとえキロ7分で走ったとしてもサブ4は確定!うん、25km地点で2時間6分。この調子で走れば通過できる!ただ忘れてはいけないのが2つの峠。ここで絶対ペースが落ちるだろうし、なんならここからペースが上がらなかったら、サブ4は難しくなってくるなー。

ちなみに現時点ではこんな間隔で走っている。福島さんは30kmに差し掛かろうとしてる。はえ~。effect RUN TEAMはいわゆる「出会したい地点」に固まっている。

AM11:10

31km地点通過。とうとう来る第一の峠、バス停「畑中」とデイリーヤマザキが目印。ここまで何事もなく来ているのは体調が良かったからだろうが、ここからはそうもいかない。気合気合気合あるのみ!のぼるさんもさすがにペースが落ちる。ん?落ちる?僕、まだ大丈夫っぽい。峠を越えてゆったりとした下り坂が続き、二見ヶ浦が見えてくる。その二見ヶ浦が35km地点。

去年の福岡マラソンではのぼるさんはこんなコメントも〜
通称『北崎地獄』に飲み込まれていました。福岡マラソンの参加経験者の誰もが口を揃えて警告を発してくる難所、それが『北崎地獄』。30kmを越えて海沿いからはずれ、一路山の中へ、そう、すげーー峠道。まじなんなんバカ言っちゃいけんわなんなんまじアホなん、なんなん。ありえんやんこれ、これありえんやろ。って、ずっと言ってた。それが登りと下り、約3kmくらい延々と続きます。
ただしそこは腐っても「山の神」のぼる。限界ギリギリとはいえキロ6分ペースを意地でも維持して進みます。

まじすかー。めっちゃこわくなってきたー。

ん?とはいえ??まだペース上げれそう?そのまま峠を越えていくが、大丈夫かも。33km通過後、あれ?いけるわ。アチャー参った。のぼるさんを越えていくか?いやいや、それはいかんやろーさすがに。ここはこのまま一緒にゴールが望ましいやろー。どうする?でもできれば越えたい。そんなことを思えるぐらいコンディションが抜群だった。

AM11:17 // 駆けぬけた瞬間

今までずっと後ろを走ってきたが、とうとうのぼるさんに気づかれる。そんなのぼるさんは僕に「行け!行け!」と背中を押してくれるんですよ。
こんな過酷な状況にもかかわらず他人の気遣いをしてくれるのぼるさんにぐっと胸が熱くなる思いを感じながら、ただ駆け抜ける。このときは重力がなくなったかのように、ただひらすら走った記憶しかない。35km通過した時点でのタイムは2時間59分。この時点でサブ4は確実だったが、もうそんなことはどうでもいい。今は走ることを楽しもう。

そんななか、effect RUN TEAMのふじかなとあいにゃの距離が近くなってきている。その差は500m程。青色はペースが落ちている色でピンクはペースが上がっている色のようなので、あいにゃがペースをあげてきている?

完走組のメンバーも着実に20キロを通過し、後半コースに挑んでいます。

写真を見ながら振り返っているとほとほと感心させられるのがメンバーの笑顔。去年もそうだが、この時点で中島歌那も膝がもう相当やばいはず。笑顔なんてつくっている場合でもないはずなのに。中島歌那だけじゃなく、みんな笑顔で沿道のスタッフに応えてくれている。ほんとスゲーなぁ。

AM11:42 // 福島さんゴールへ

福島さんはアイズトータルボティステーションで大変お世話になった僕にとっては救世主的存在。このマラソンにかける想いは尋常じゃなかったと思います。ジムのトレーナーとしてeffectのチームの中で出走することは先導する役割も担っていた事だと思います。そんな様々な感情を持ちながらのゴールタイムは目標のサブ3.5を達成した3時間19分53秒。すごいとしか言いようがありません。マジすげぇ〜!

しっかりと写真を撮ろうと奮闘してくれている、AFRO副編集長も健在!ありがとうねー!

スタートからゴールまでほとんどペースが落ちることなく走り続け、昨年のタイムより30分以上も早くゴール。ほんとすごい!いつも積極的に活動している福島さんはこれからも小森改造やイベント等でめちゃめちゃお世話になりますが、かなり疲労が溜まっているはずなので、しっかり休んでまた色々な大会に参加して楽しんでいきましょうね。本当にお疲れ様でした!!!

AM11:48 // 本多くんゴールへ

本多くん3時間25分22秒でゴール!サブ3.5達成!すげー!!まじか!!彗星のごとく現れたニューカマー本多氏。入社してきた頃は、部署が違うからこんなに絡むことはないないんだろうなー。なんて思っていた。のぼるさんが軽く誘ったマラソン大会もあっさりと承諾し、毎週のランニングも軽々走る余裕っぷりを見せつけられるが、彼自身はとっても謙虚で志が強く、一度やったことには妥協しない。まさに侍のような男。何度も聞くけど、本当に初マラソン??ポテンシャル高すぎやろー。サブ3も見えてきてるやん。

といっても、内心は不安でしかなかったでしょう。初マラソンは本当にキツい。マラソンなんて義務でもないし、強制でもない。なんでこんな距離を走るんだろうと今の僕でも思う。フルマラソン初参戦ならより感じることだろう。ただ、走ったことがあるのとないのじゃ価値観が違ってくる。しっかり自分と向かい合わないと乗り越えなれない距離。そんなマラソンをあっさりとサブ3.5達成。言葉もありません。単純にすげぇ。これからもeffectのメンバー、新副編集長として一緒にeffectを盛り上げていきましょう。初マラソンお疲れさま!

いっぽうeffect RUN TEAMはというと。

あいにゃがふじかなを追い越すという攻防戦が繰り広げられていた。どうなる?お願いだから怪我だけはしないでくれと祈るばかり。ここから鬼の北崎地獄がまっているとなると相当キツいはず。がんばれー!!

AM11:57 // カイゾウが魅せるラストの意地

のぼるさんの後押しもあり、抜いたからには変な走り方は絶対できないし、最後までとにかく自分のすべてを出し切ってゴールしようと心に誓い、なんとキロ4分で走るという快挙をみせる。よく人生の最後は走馬灯のようにいろんな場面が登場するとか聞いたことあるんだけど、まさにそんな感じ。今まで走ってきた道、僕が走るに至ったきっかけ、今まで頑張ってきた自分のダイエット企画のこと、スタッフや走ることで出会えたみんなの顔。いろんな感情が全部出る。なんなのこれ。情緒不安定なのか?やべーなー。とはいえゴールは目の前!鼻水なのか汗なのか涙なのかわからないけど、全部出てても全力ですすむ!すすむ!すすめーーー!!!

皆さんはじめまして。サブ4小森カイゾウです。

なんで〜〜〜〜!!!!!うそでしょ!?!?!?そこは撮ってよ〜。結構ここまで頑張ってきたよ?ここでもっといいこと書けるよ?頂戴よ~写真ちょうだいよー!

動画のキャプチャーなら。。(by.effect編集部)

はい、ありがとうございまーす!

僕のゴールタイムはこちら↓

正真正銘のサブ4!なんならもう少しでサブ3.5やん!うわー。すげー。 順位の1000位より上だし、前回のタイムは公式ではないけど5時間3分。1時間30分も早くなっているやん!すごいやん!頑張ったやん!いい感じやん!

PM12:02 // 西戸崎のぼるさんゴールへ

当初目標に掲げていた3時間45分を5分も縮めて3時間39分53秒でゴール!

effectとして一緒に行動を共にしてきていつも思うことがある。のぼるさんは純粋でまっすぐな人だなっと。上から目線ではないのですが、面白いと思ったものには真っ向から突き進む行動力とそれに立ち向かう精神力、皆を巻き込む力。男としてランナーとして持つべきものを兼ね備えた人だと思っています。マラソンを通じてたくさんの方に笑顔と勇気を与えてくれることを楽しみにしているランナーのためにも、真っ向から進めてください!みんなついていきます!本当にお疲れ様でした!

PM12:16 // effect RUN TEAM続々と35km通過!

あいにゃを先頭にふじかな、中島歌那、矢野由希子、松村来夢が爆走中!続々と35kmを通過していきます。

先頭のあいにゃ。ここからが意外と長いコースへ。

ふじかなも相当キツいだろうが、みんなの声援をもらって足を前に進めています。

メンバーもしっかり前を見て走り続けています。ゴールはもう少し。

PM13:02 // あいにゃゴールへ

effect RUN TEAMのメンバー先頭のあいにゃが4時間39分49秒でゴーーーール!

あいにゃは昨年も福岡マラソンを完走し、30分もタイムを縮め、ペースも乱れることもなく着実に前へ進めていった。前回の大会は一緒に走りながらサポートしてたからよく分かるけど、もうマラソンは走らないんだと思っていた。救護が必要なほど体力を使い、立つことも困難な状況を経験しているにもかかわらず、フルマラソンは合計で3回も出場。彼女に走る価値が芽生えたのか、それとも単純に走ることへの欲求なのか?ただ、途中で諦めないのは負けず嫌いな性格がそうさせているにしても、彼女はれっきとしたランナーになっていることは間違いない。それは胸をはれる事だと思うし、走ることがすきなのであればeffectとしても走ってくれて本当よかったなと思います。
もし機会があればまたいろんな大会で一緒に走ってくれることを期待しつつ、今はゆっくりと身体を休ませてくださいね。本当にお疲れ様でした。

PM13:15 // ふじかなゴールへ

きた!ふじかなきた!!もうすぐゴール!!effectスタッフも騒ぎ出す。

ふじかなの目標はサブ4を目標とし挑んでいた。フルマラソンでは福岡マラソン2016、鹿児島マラソン2017、福岡マラソン2017と安定の完走はもちろんのこと、タイムも大会ごとに自己ベストを更新する好タイムを叩き出してきた。さらには今年行われたヤフオクリレーマラソンでも爆走タイムで走り、effect RUN TEAMを引っ張ってくれる、安定感のある存在。

ふじかなきたよーー!!

ふじかなタイム4時間52分59秒でゴール!
あとから話を聞いたことだが、20キロ過ぎの後半コースで脚に違和感が発生!そこからは気合いで脚を前に出すので精一杯だったと。そんな相当きつい状況にもかかわらず、笑顔は忘れないプロ根性。いや、マジで本当にすごいなぁー。
どんなに一流のアスリートランナーでも思いもよらない自体は常に隣り合わせで発生するよね。自分が同じ状態だったら完走すら怪しくなってくる。今回記録には届かなかったけど、またマラソン大会に挑戦したいと宣言する彼女に胸を打たれました。effect RUN TEAMのメンバーとしてこれからも一緒に走って行けたらうれしいです!本当にお疲れ様でした!

PM13:39 // 中島歌那ゴールへ

つづいて中島歌那が5時間11分39秒でゴール!

中島歌那は熊本からメンバーとして走ってくれて、今回ではフルマラソン2回目!鹿児島マラソンでは極寒と降りしきる雨の中、福島さんのサポートのもとしっかり完走し、今回は1人で過酷な高低差のある福岡マラソンを見事完走!多分凄まじいメンタルを持っているんでしょう。彼女は彼女なりの価値観を持って走ってくれたんだと思います。その強い意志を僕も見習わなければ。しっかり身体を休めてくださいね。お疲れ様でした!!

PM13:59 // effectRUN TEAM 続々とゴールへ

矢野由希子5時間31分59秒、松村来夢5時間31分57秒、池田誠5時間31分49秒続々とゴール!!

矢野さん、どうしてまたフルマラソンに挑戦してくれたんですか??不思議でなりません。初めは走ること自体意味わからなかったんですよね??笑 それにもかかわらずeffect RUN TEAMが参加するイベントにはほとんど参加してくれ、なんなら走ること自体普通になってる。本当不思議というか、凄すぎて何と言えばいいかわかりません笑 無理は言いませんが、また一緒に走れることを期待しています!本当にお疲れ様でした!

松村来夢は今回が初のフルマラソンで参加。effect RUN TEAMとしては最年少の若さで力強く完走をやり遂げる姿はとてもエネルギッシュで、リタイヤを全く感じさせない心強さ。初マラソンは本当にキツイんですよ。正直キツイしかない。なぜ走ってるんだろう?意味がわからなくなってきてくる。僕はそうでした。だけど彼女に関してはそれを感じさせない。走る魅力がわかってくれると嬉しいです。とりあえずゆっくり身体を休めて、また機会があればまたご一緒しましょう!本当にお疲れ様でした!

effect RUN TEAMのタレントが所属する事務所のマネージャーとしていつもいつもお世話になっているメンバーで、実は本番の数日前に鎖骨を骨折する事故があり、騒然としました。

とはいえ、しっかり完走してくる根性。なんならしっかり楽しみながら走ってくれてます。

🏃‍♀️ 🏃 🏃‍♀️ #effect_run #福岡マラソン2017 #福岡マラソン

IKEMAKOさん(@ikemako)がシェアした投稿 –

ほんと頼りになります。これからもeffectと共に走っていきましょう。とりあえず怪我を直してくださいね。お疲れ様でした!

全員無事完走!そしてステージへ!

みなさん本当にお疲れ様でした!無事に全員が完走できてよかったと本当に思っています!そして昨年同様の福岡マラソン特設ステージでのステージ!今回はメンバーが福岡マラソンを走ってどう思い、どう感じたのかを思い思いに話してくれました。疲れているのに本当にみなさんすごい根性。

皆ほんといい顔しているでしょ?これは走って見ないと分からないんですよ!なんともいえない充実感。開放感。やりきった感。あーなんか走りたくなってきた。笑

最後に

福岡マラソン2017までにやっておきたいことはたくさんありましたが、あまりできないまま、この日を迎え、またあっという間にその日が終わりました。ただ駆けぬけました。
アスリート視点ではなく、ランニングをカルチャーとして楽しむ!という目的で始めたeffect。これからもeffectは走りづつけます。これからも、もっと成長したメンバーの姿を見てください。

またこの日のために、各ポイントに付いて補給食や撮影をしてくれて、常に更新してくれた全スタッフの皆さんには感謝しかありません。本当に本当に本当にありがとう。

effect立ち上げの大きな原動力となった福岡マラソンも今回で2回目!なんとか無事終了しました。さて、次回僕らはどこを走るのでしょうか。そして誰が走るのでしょうか。ぜひお楽しみに。それでは長い長い記事におつきあいいただきありがとうございました!

さが桜マラソンにメディアランナーとして参加します!

さが桜マラソンにメディアランナーとして参加します!

今年も残り数日となりました。会社も今日が最終日という方も多いんじゃないでしょうか??ワタクシの会社でも本日が最終日!みなさんが大掃除をしている最...

UPDATE2017.12.28
TEXT BY
effect RUN MEN’s TEAM 強化合宿 in 沖縄 // NAGOOOOO!![vol.01]

effect RUN MEN's TEAM 強化合宿 in ...

ハイサーーイ!改造です!小森改造です! 今年も残りわずかですねー!!ホントマジで一年あっという間ですよねー。 来年も良い年にするためにも、新...

UPDATE2017.12.26
TEXT BY
TRAIL.effect // 始動 〜VERTICAL & HORIZON〜

TRAIL.effect // 始動 〜VERTICAL &...

みなさん、こんにちは!effect編集長の改造です!小森改造です。 私達はこれまでたくさんの大会やイベントに参加し、目の前にある目標をしっ...

UPDATE2017.12.18
TEXT BY
小森改造 // 珍道中!! 奈良マラソンに挑戦!【後編】

小森改造 // 珍道中!! 奈良マラソンに挑戦!【後編】

当日は曇り後晴れ。 福岡に比べると奈良は意外と暖かい印象。ぼくが大会に出ると大体この天気になるんすよねー!個人的には「最高の天候」だと思ってお...

UPDATE2017.12.14
TEXT BY
新編集長「小森 改造」です!

新編集長「小森 改造」です!

福岡マラソン2017も無事終わり、筋肉痛が2日目以降にやってくる今日このごろ。 みなさんいかがお過ごしでしょうか。 この時期から春ぐらい...

UPDATE2017.11.16
TEXT BY

PARTNER

CREATIVE

SUPPORTER