effect

effect

COLUMN

青島太平洋マラソン大会直前講座 -コースを制する者は、マラソンを制す。-

青島太平洋マラソン大会直前講座 -コースを制する者は、マラソンを制す。-

UPDATE2021.12.03
TEXT BY

effect編集部

皆さんこんにちは!effect編集部です。
いよいよ青島太平洋マラソンも来週末となりました!ここからはもう風邪引かない、怪我しないといったタイミングではないでしょうか。でももどかしい気持ちの方もいますよね??
ということでeffect編集部が直前にお送りするのは、本番コースの予習を兼ねて紹介しようと思います。全く知らないで走るより、ある程度理解しているだけでも楽に走れるものですので、この機会に攻略しちゃいましょう!

全体MAPはこちら

運動公園からスタートして、宮崎県庁方面へ向かいます。(第1ポイント)16〜17km地点から折り返して運動公園へと戻ってきます。ここまでで約32kmです。(第2ポイント)その後トロピカルロードの海岸沿いを5km走り折り返してゴールといった内容になっているます。(第3ポイント)

普段走ることのできない宮崎の中心地のど真ん中を走り、美しい海と街並みを感じられ、高低差も気にならない程度のフラットなコースなので、マラソン自己ベストを狙うランナーも多いようです。
ですが、侮るなかれ!!ちゃんと青島の洗礼はございます。32km地点以降の海岸沿いのコースはなかなかの強風。油断していると危険ですよ!その他にもコースの注目ポイントを押さえて攻略していきましょう。

ポイントその1 : スタート時の寒さ

皆さんが思っている以上に会場は激寒です。防寒着はもちろんですが、カイロやグローブ、ワセリンなどのアイテムは必須かもしれません。寒さに苦手な方はウエアを一枚着て挑んでも良いかもしれません。それほど寒いです。ただしレース中は寒さをそこまで感じませんので、グローブは途中で捨てられるゴム製のグローブとかが良いかもしれません。

2021年12月6日追記

どうやら今年は暑くなる可能性があるようです!皆さん対策を忘れずに行ってください!!

ポイントその2 : 遠くまで見渡せるコース

全体的に長く走るところは、国道220号線の大きい道路を走っていきます。かなり遠くまで見渡せるコースなので、途中心が折れないように対策が必要かもしれません。

ポイントその3 : コースを3つに分けて考えてみる

スタートから宮崎神宮までの16kmを第1ゾーン、宮崎神宮からスタート地点までの16kmを第2ゾーン、トロピカルロードからゴールまでの10kmを第3ゾーン。全体を3つのコースとして考えると少し楽に感じられるのではないでしょうか。

ポイントその4 : 最後の10kmは強風との戦い

調子良く走ってきたランナーも30kmからの壁があります。ここからは精神力も必要になってくる距離ですが、ここからランナーの闘志を奪ってくるのが、「強風」です。いつも海沿いを走っているランナーは平気かもしれませんが、かなり風を感じます。ペースが乱れたり、歩いてしまうランナーも続出しますので、しっかりとペース配分を考えながら挑みましょう。

ペーサー充実しています!

マラソン大会で目標のタイムがある方は、意識したいペーサーの存在。青島太平洋マラソンは3時間、4時間、5時間、6時間10分で走られるペーサーが2名ずついますので、ペーサーについていくのも良し!先に走って追いつかれないようにするのも良いと思います。

給水ポイントは13箇所

マラソン大会では、給水ポイントはとても大切なポイントだと思います。6.6kmから2~3km毎に給水ポイントがありますので、必ず水分補給してくださいね。気温が低いと汗が出にくい人もいますが、体内は動かし続けていますので、水分補給は忘れずに!足が動かなくなってからでは遅いですよ!

関門にも注意して!

完走を目指す方は、関門にも気をつけなければいけません。青島太平洋マラソンは余裕のある時間制限ではありますが、ゆっくり走りすぎて関門に引っかかってしまうと悲しいですよね。とにかく完走!って方は関門の時間を事前に把握し、完走に向けて頑張っていきましょう!

以上がコースのポイントですが、しっかり予習できましたか??冒頭にも言いましたが、コースを知っているのと知らないのでは全然違います。どこで踏ん張り、楽に走るかの調整が完走するコツでもあります。当日、皆さんの走りを少しでも楽に感じられるように願っています。さあ!青島太平洋マラソン楽しもう!完走しよう!!

今イチオシのRUN ITEM // 2022summer

今イチオシのRUN ITEM // 2022summer

走るならかっこよく走りたい! オシャンなウェアを着たい!そうです、ランナーたるものいつまでもカッコ良くあらねばならぬ。いや、カッコ良くあろ...

UPDATE2022.06.24
TEXT BY

N

【NIKEメンバー限定発売】ナイキ エア ズーム アルファフライ ネクスト% 2 が来ちゃいました!

【NIKEメンバー限定発売】ナイキ エア ズーム アルファフ...

皆さんこんにちは!effect編集部です。 ランナーの皆さんであれば知らない方はいないであろうNikeから、Air Zoom Alphaf...

UPDATE2022.06.22
TEXT BY
【本日発売】ハイペリオン エリート 3(HYPERION ELITE 3)

【本日発売】ハイペリオン エリート 3(HYPERION E...

effectの記事を見てくれている方は、ご存知かとは思いますが、アメリカのシューズブランド「ブルックス(BROOKS)」が、今回なんと!第3世代...

UPDATE2022.06.17
TEXT BY
Garminを使って心拍ゾーンを意識しよう!【心拍トレ】

Garminを使って心拍ゾーンを意識しよう!【心拍トレ】

皆さんこんにちは!effect編集部です。 前回ご紹介しましたGarmin機種のご紹介をしましたが、さらに今回はランナーにとって一番気にし...

UPDATE2022.06.14
TEXT BY
Garminがよりランナーのために考えられた逸品が発売【Forerunner 955】

Garminがよりランナーのために考えられた逸品が発売【Fo...

GarminのランニングGPSウォッチ最上位機種に新モデルが登場! 『Forerunner 955』シリーズ 6月16日(木)に発売されます...

UPDATE2022.06.13
TEXT BY