effect

effect

COLUMN

LINE Fukuoka/LINE MUSICとコラボ!「チャレンジチーム」始動 //  effect RUN TEAM

LINE Fukuoka/LINE MUSICとコラボ!「チャレンジチーム」始動 // effect RUN TEAM

UPDATE2018.10.01
TEXT BY

effect編集部

皆さんこんにちは! effect編集部です。
気温もだいぶ涼しい?というか寒い?感覚でとっても走りやすい季節。そうです!スポーツの秋、福岡マラソンの季節がやってこようとしております。最近はよりランナーを見かけることが多く、皆さん元気にランニングを楽しんでいるようですね!
そんな中、effect RUN TEAMも頑張っているようですよ!実はLINE Fukuokaさん、LINE MUSICさんと合同でチャレンジチームの練習会を行っているんです♪これから数回にわたり、練習会で学んだランニングの知識や情報などをお伝えしていこうと思います!

チャレンジチームって何なのさ?

おっと!その話をしてなかったっすね。では説明しましょう!

チャレンジチームとは
福岡マラソン2018ではLINE Fukuokaが「OFFICIAL COMMUNICATION PARTNER」として参加!LINEグループとしては2年連続での公式パートナー就任しています。LINE MUSICでは今年、福岡マラソンに参加するランナーの皆さんをサポートすべく、応募者の中からマラソン初挑戦する方を中心に選抜された”チャレンジチーム”を結成しました!コーチに、フルマラソンのタイムが3時間を切るサブ3ランナーを迎え、フォームの確認やランニング練習、座学はもちろん、「LINE」ならではの企画を交えながら当日まで活動してくれる!そんな素敵なチームにeffect RUN TEAMも合同で練習を行っているのです!(ドヤ)

練習1回目:基礎練習

チームの練習方針としては、皆さん忙しかったり、家族との時間も大事にする中、いかに短時間で効率的にトレーニングできるか。極力余計なことは行わず、タイム向上に直接つながることだけをやる。というのがコーチの考え方のようです。コーチに教わったレクチャーを整理すると以下になります。

「走る」という動作で最も大事なのは肩甲骨と股関節

コーチ:前提として、「走る」という動作は全身運動なので色々な部位を色々な形でトレーニングする必要があります。ただし市民ランナーの皆さんの忙しさを考えると、優先順位をつけるべきだと考えており、上半身は肩甲骨、下半身は股関節の動きを良くすることに注力しましょう。

動きの効率性を高めるスプリントトレーニング

コーチ:スピードの絶対値を上げること、さらにそのスピードを維持すること(スピード持久力)はマラソンにおいても実はとても大切。例えば400mを60秒で走れる人と80秒で走れる人がいるとして、両者に400mを100秒で走ってもらうとすると、当然前者の人のほうが楽に走れます。つまりスピードの絶対値が上がると、今まできついと思っていたペースが少し楽に感じるようになるそうです。とはいえ、短距離選手がマラソンを走っても決して速くはありません。スピード持久力がないからです。これはこれで、別の方法で鍛える必要があります。このトレーニング方法も追々レクチャーします。

練習内容としては、

  • 60分JOG
  • 100m×3本

という基礎練習を行いました。
これでも結構キツイんですけどね。

陸上経験者の方は「流し」とか「ウインドスプリント」という言い方らしいのですが、皆さんルーチンでやってるメニューのようです。「流し」という言い方はなんかカッコいい言い方ですよね。使っちゃおうかな〜♪

100m×3本(流し)を行う際に、コーチから「自分の中で一番足が速い人をイメージして」とアドバイスしてくれました。

どうやら、そのイメージで走ると自然と腰の位置が高くなり、リラックスしながらも腕振りなど上半身を使った走りになり、その結果ダイナミックな走り方になりストライドも伸びるそうです。1km6〜7分くらいのJOGでは、どうしても腰の位置が下がり、フォームも小さくなるようです。もちろんこれはこれで効率的なフォームと言えますが、残念ながら速くはならないとのこと。

コーチ:だから日頃の練習でも少しずつスプリントを入れて、今まできつかったペースを少し楽に走れるフォームを手に入れましょう。

水分もしっかり補給しましょう〜

皆さん完走に向けてしっかり頑張っています!これからどんどんパワーアップしていくと思うとワクワクしちゃいますね。初マラソンにチャレンジされるランナーの方は是非練習を真似してみてください。今後チャレンジチームの練習模様レポートは随時お伝えしていきますので楽しみにしてください!
またLINE Fukuoka公式ブログLINE MUSIC MAGAZINEでもチャレンジチームの記事が公開されていきますので、
是非チェックしてみてくださいね!

MARK IS 福岡ももちに、アイズがやってきたよ!!

MARK IS 福岡ももちに、アイズがやってきたよ!!

皆さんこんにちは!effect編集部です。 先日11月21日に新しくオープンした商業施設「MARK IS 福岡ももち」が注目されている中、私達...

UPDATE2018.11.26
TEXT BY
福岡マラソン2018 リアルタイム実況

福岡マラソン2018 リアルタイム実況

大会の様子はもちろん、effect RUN TEAMの状況まで! ※一番上が最新情報です。右上のリロードボタンを押してページを更新できます。 ...

UPDATE2018.11.11
TEXT BY
福岡マラソンチャレンジチーム // みんなで繋がる駆ける想い //  effect RUN TEAM

福岡マラソンチャレンジチーム // みんなで繋がる駆ける想い...

皆さんこんにちは、effect編集部です。 LINE Fukuokaさん、LINE MUSICさんとコラボした合同練習会を重ねてきたeffec...

UPDATE2018.11.09
TEXT BY
サブ3への道 vol.04 // effect MEMBER SPECIAL

サブ3への道 vol.04 // effect MEMBER...

皆さんこんにちは! effect RUN TERMの本多です。 福岡マラソンまで1週間切りましたね。 福岡マラソンに限らず毎週のように各地...

UPDATE2018.11.08
TEXT BY
豪華になって今年もやります!エフェクトーーーク!〈福岡マラソンEXPO2018〉

豪華になって今年もやります!エフェクトーーーク!〈福岡マラソ...

さぁ、今年も福岡ランナーたちの一大フェス『福岡マラソン2018』が開催されます! 初挑戦のランナーはもちろん、ベテランランナーだって前日はウキ...

UPDATE2018.11.07
TEXT BY

PARTNER

SUPPORTER

CREATIVE